クルーズ旅行記(乗船記)

【オアシスオブザシーズ7泊8日乗船記】地中海クルーズで感動体験!【ロイヤルカリビアン】

クルーズ=高級・お金持ちが楽しむもの

なんてイメージありませんか?

実はクルーズはとってもお得に旅行ができる手段なんです!

私も実際に乗る前は「100万円くらいするのかな・・・?」と思っていましたが、実際には世界最大のクルーズに7泊8日して1人約16万円でした。

しかもクルーズは食べ放題・遊び放題

普通にホテルを予約して海外旅行するよりよっぽど安いんです!

この記事では、2019年に夫婦2人で「オアシスオブザシーズ」というクルーズでスペイン発着7泊8日の地中海クルーズをした体験をご紹介します。

目次

スペイン発着「オアシスオブザシーズ」の地中海クルーズスケジュールと料金

私が乗船した船は、ロイヤルカリビアン社のオアシスオブザシーズ。

世界最大級のカジュアルクルーズです。

今回乗船したのは、スペインのバルセロナ発着で7泊8日のクルーズ。

7泊8日のクルーズの場合、日曜日スタートになることが多いです。

クルーズスケジュール
  • 日曜日:乗船日
  • 月曜日:寄港地がスペインのマヨルカ島
  • 火曜日:寄港地がフランスのマルセイユ
  • 水曜日:寄港地がイタリアのラスペツィア
  • 木曜日:寄港地がイタリアのチビタベッキア
  • 金曜日:寄港地がイタリアのナポリ
  • 土曜日:終日航海日
  • 日曜日:下船日

クルーズの料金は2人で329,050円

成田→ヘルシンキまではJALのマイルを使ったので無料に。

ヘルシンキ→バルセロナまではイベリア航空のエコノミーに乗って2人で46,550円。

寄港地観光はクルーズのツアーは使わず、すべて個人で回りました。

オアシスオブザシーズで日本語は使える?

今回乗船したオアシスオブザシーズは海外発着のクルーズなので、日本発着のクルーズに比べると“どこでも日本語が通じる”という感じではありません

ですが日本人コーディネーターの方が乗船しているので、困ったことがあればいつでも問い合わせる事ができます。

また、毎日お部屋に届くクルーズ新聞は英語版と日本語版の両方配布されるので、スケジュール確認は日本語で可能。

乗船日と下船日前日には日本語による説明会の時間も設けられています。

ひな

片言の英語でもクルーの皆さんは聞き取ってくれるよ!頑張って会話してみよう〜!

【1日目】オアシスオブザシーズ乗船日

海外のクルーズなので、前日までにその国に到着しておく必要があります。

目的地に到着したその日のうちのクルーズ乗船は止めておきましょう。

万が一飛行機が遅れたなどのトラブルがあるとクルーズに乗れなくなってしまいます。

オアシスオブザシーズから、事前にメールで「何時に港に来てください」という案内が届きます。

世界最大のクルーズのため、一斉に乗船開始すると大行列になってしまいますが、集合時間が分かれているのでそこまで混み合うこともありませんでした。

クルーズ乗船する際に荷物を預け、保安検査場を通ります。荷物を預けるのは飛行機の受託手荷物みたいな感じですね。

その日のうちに順番に荷物を部屋まで運んでくれます。

だいふく

スーツケースが巨大なので運んでもらえるのは助かる!

ただしいつ荷物が届くか分からないので、すぐ使いたいものはリュックなどに入れて持ち込むのがおすすめ。

チェックインすると、まずは1人1枚クレジットカードを紐付けした『シーパスカード』が発行されます。

このシーパスカードはお部屋のカードキーであり、クルーズ乗船中の支払いに使えるカードになります。

これ1枚持っているだけで、クルーズ乗船中はお財布を持ち歩かなくてOK!

支払いは、下船後シーパスカードに紐づけられたクレジットカードから引き落としされます。

乗船すると、カフェやブティックなどが並んでいます。船の中とは思えない光景です。

後ほど詳しく紹介しますが、クルーズ内のカフェやレストランは基本的に無料

カフェでお茶するのも朝ご飯にビュッフェ行くのもディナーでコース料理食べるのも無料で、こんなに安く色んな国を巡れる・・・クルーズって最高じゃないですか??

海側バルコニーのお部屋

今回はハネムーンでのクルーズなので、ちょっと良い部屋が良いよねって事で海側バルコニーのお部屋にしました。

クルーズのお部屋にはいくつか種類があります。

  • 内側キャビン(窓なし)
  • 海側キャビン(海が見える窓あり)
  • 内側バルコニー(バルコニー付きだけど海は見えない)
  • 海側バルコニー(海が見えるバルコニー付き)
  • スイートルーム

内側キャビンが1番安いお部屋ですが、外が見えないのが結構デメリット。

少しでも外の景色が見たい!という人は海側キャビンが比較的安くて、景色も楽しめるお部屋です。ただし海側キャビンは窓が開きません

今回我が家は海側バルコニーにしたので、お部屋の中からいつでも外に出られます

ひな

夕日を眺めたり潮風に当たったりして過ごすことができました♪

海側バルコニーのお部屋で16万円なので、内側キャビンにしたらもっと安くクルーズに乗れます。

実際に海側バルコニーでクルーズを体験した感想としては、広くて使い勝手が良くすぐお外に出られる環境は快適!

ただ、クルーズ乗船中は一日中活動していて寝る時以外ほとんどお部屋にはいなかったので、次回は内側キャビンでも良いかな、とは思いました。

また、クルーズは長期滞在が多いので、お部屋の収納スペースはとっても多いんです!

それでもハンガーは足りなくなるので、日本からハンガーを持参するのがおすすめ

Wi-Fiは有料です。

海外旅行用のモバイルWi-Fiや渡航先用のSIMを持っていたとしても、船の上では使えません。

インターネットを使いたければ、Wi-Fiを契約するか寄港地に降り立った時のみ使うことになります。

出発前には避難訓練

クルーズは出発前に必ず避難訓練が行われます。

この避難訓練に1人でも参加していないとクルーズが出港できないので、必ず参加しましょう!

オアシスオブザシーズの場合だと、シーパスカードに避難訓練の集合場所(E1)が指定されているので、時間になったら集まります。

特に救命道具の準備はなく、集まって緊急時の対応や脱出経路の話を聞いて解散。

24時間営業:カフェ プロムナード

オアシスオブザシーズのメイン階には、『カフェ プロムナード』があります。

コーヒーやケーキ・サンドイッチなど何を食べても無料!

だいふく

乗船したら最初に小腹を満たすのも良いですね!

しかも24時間営業中!夜中にふとケーキが食べたくなっても安心です。

オアシスオブザシーズのクルーズ内の食事を紹介!

オアシスオブザシーズでの食事は主に3種類に分かれています。

  • メインダイニング(時間指定/自由時間)
  • ビュッフェ(予約不要)
  • 有料レストラン(予約必要)

おすすめは断然『メインダイニング』の時間指定

コース料理という名目上のオーダー式食べ放題です。

メインダイニングのメニューは何を頼んでも無料なのですが、これがめちゃくちゃ美味しい!!

乗船したらまずメインダイニングのカウンターに行って「2人席希望」を伝えにいきましょう。

メインダイニングは相席になる事が多く、初日に2人席希望を出しておかないとずーっと相席のままになってしまいます。

相席で毎日色んな人とコミュニケーションを取りたい!という人はそのままでも良いですが、個人的には2人席でゆっくり食事をするのがおすすめ。

私たちは希望の時間(20:30スタート)で2人席をお願いしに行ったのですが、なんとキング&クイーンという特別な席を用意してもらえました!

メインダイニングで時間指定すると、テーブル担当のウェイターさんが固定になるのでとっても仲良くなれますよ。

メインダイニングは本当にクオリティが高くて何食べても美味しくて感動しました!

だいふく

無料でこんなに美味しい料理が食べ放題なんて・・・!

オアシスオブザシーズの無料ショー『スプラッシュ』

クルーズでは無料でショーも楽しめるのです!

事前にネットで予約もできますが、ロイヤルカリビアンアプリがあるので船の上でも予約ができます。

初日はアクアシアターで『スプラッシュ』という水のショーを観に行きました!

プールで行われるシンクロや、肉体美のお兄さんたちによるアクロバティックなショーで迫力満点。

ひな

英語がわからなくても楽しめます!

ウェルカムバルーンパーティー

22:45からはウェルカムバルーンパーティー!

ライブ演奏のパーティーが行われ、24:00にはカウントダウンと共に天井に吊るされた大量の風船が落ちてきて皆んなで大盛り上がりでした!

【2日目】朝食ビュッフェと船内遊園地

2日目は『ウィンジャマーカフェ』というビュッフェレストランで朝食。

ビュッフェレストランは夕食にも使えますが、個人的にはメインダイニングを推しているのでビュッフェは朝食か昼食に使うのがおすすめです。

この日はスペインのパルマ・デ・マヨルカ島が寄港地。

港から市内まで往復10ユーロのシャトルバスに乗って移動します。

寄港地観光をしたあと、クルーズへの最終乗船時間は15:30。

この最終乗船時間を1分でも過ぎてしまうと乗せてもらえません!

個人で観光するなら、余裕を持って最終乗船時間の1時間前には戻ってくるようにしたいですね。

オアシスオブザシーズには船内遊園地があって、メリーゴーランドが設置されています。

その周辺にも船上のロッククライミングプールにジャグジーゲームセンターなどがあって子供も楽しめる空間。

だいふく

大人ももちろん楽しい!

無料で使えるカフェ・軽食

早々に船に戻ってきたので、ランチに『ドッグハウス』で無料のホットドッグをもらいに行きました。

その後向かった『パークカフェ』では無料のコーヒーやクッキー、パニーニやローストビーフなどもいただけます。

お金を気にせず、好きな時に好きなだけ食事やドリンクを楽しめるって良いですよね。

『ソレント・ピザ』で無料のピザと焼き野菜をいただき、お部屋で食べました。

バルコニーがついているので、海を眺めながら部屋でご飯を食べるのも楽しい!

ちなみにアルコールは別途有料で、アルコールも飲み放題になるドリンクパッケージも販売されています。

私たち夫婦はお酒を飲まないのでドリンクパッケージを購入していませんが、毎日めちゃくちゃお酒を飲む!という人はドリンクパッケージ購入でも良いかもしれません。

ディナーはメインダイニング:本日はフォーマルナイト

クルーズではドレスコードがあって、この日はフォーマル

ディナーにフォーマルな格好をして楽しみましょう♪という日です。

ドレスコードは強制ではないので普通にTシャツの方もいますが、せっかくなのでフォーマルな服装をしていくと特別な気分になりますよ!

夫は前撮りに使ったタキシード、私はノースリーブのドレスを持っていきました。

ラグジュアリー船になると着物を着てる人もいるそうです!

ひな

この日もお腹いっぱい食べました〜!

無料のショー『Cats』

この日のショーはブロードウェイミュージカルの『Cats』を観にいきました!

こんな本格的な舞台のブロードウェイミュージカルも無料で観れちゃうのです。

ひな

ただ、英語がまったく分からないとちょっと難しいかも・・・。

この日はかなり揺れがひどく、酔ってしまったので途中退出しました。

クルーズ内ではお買い物もできる

クルーズは大きなショッピングモールみたいになっていて、船内に色んなお店があります。

定期的に大型セールも行われていて、夫に「FOSSIL」の腕時計を買ってもらいました。

ちょうど腕時計が壊れていて欲しかったので嬉しい!今も現役で活躍しています。

【3日目】バルコニーからの朝日と有料レストラン

たまたま早くに目が覚めて、バルコニーに出てみるとちょうど日の出の瞬間!

ひな

憧れの水平線からの日の出が見られて感動〜!

バルコニー付きだとお部屋の中から日の出が眺められて、贅沢な気分を味わいました。

この日はフランスのマルセイユが寄港地。

港から市内までは往復20ユーロのシャトルバスに乗ります。

寄港地観光から帰ってきて部屋に戻ると、なんとタオルアートが!!

お部屋を掃除してくれるスタッフさんが作ってくれたようです。めちゃくちゃすごい…!

しかもフルーツ盛り合わせまで置いてありました。サービスが嬉しい〜!!

有料レストラン『サボール』でディナー

この日は唯一有料レストランを予約しており、『サボール』というメキシカン料理のお店に行きました。

有料レストランですが、1品1品で料金がかかるわけではなく。

20ドルの席料を支払い、メニューはすべて食べ放題になっています!

色んなメキシコ料理やタコスなどを堪能しました。

メインダイニングではメキシカン料理がなかったのでまた別のジャンルのメニューが食べられて良かったです。

でも個人的にはメインダイニングが気に入っているので、また次同じクルーズに乗った時に予約するかと言われると、予約しないと思います・・・(笑)

クルーズの中でカジノ

クルーズの中にはカジノもあります!

スロットやテーブルゲームなどなど。英語ですがカジノの無料レッスンもやっています。

ヨーロッパのクルーズなのでユーロを大量に持ってきていましたが、船はアメリカ船なので船内で使うのはドルなんですよね。

交換率がめちゃくちゃ悪いですが、1ユーロ=1ドルで交換してもらってクラップスをやりました。

クラップスはサイコロ2個投げるゲームで、周りの人たちとめちゃくちゃ盛り上がります!

【4日目】カフェで朝食とアイススケートショー

この日は『パークカフェ』で朝食をいただきます。

『パークカフェ』は24時間営業のお店以外では1番最初にオープンするお店で、朝6:30から営業開始。

ホットサンドやベーグル、クロワッサンなどが食べられます!

この日の寄港地はイタリアのラスペツィア。

港から市内までは往復20ユーロのバスに乗ります。

無料のディナー『メインダイニング』

やっぱり安心します、メインダイニング。

有料レストランも良かったけど、担当のウェイターさんと会えなかったのは寂しかった!

担当のウェイターさんは私たちとの会話で好みを覚えてくれるので、「今日は好きなメニューがあるよ!」とか「コーヒーはブラックだよね?」などなど私たちに合わせた接客をしてくれるのも嬉しいです。

お気に入りのオニオングラタンスープを注文。このチーズが絶品…!

無料のアイススケートショー『フローズンインタイム』

この日の無料ショーはアイススケートショーの『フローズンインタイム』

プロアイススケーターのショーを無料で観られるなんて贅沢〜!!

このショーは英語が分からなくても楽しめます。

アイススケートだけじゃなくてサンドアートのショーもあって感動しました!

オアシスオブザシーズのクルーズ内でお買い物

またまたクルーズ内でお買い物!

私の「GUESS」の白い財布と夫の「フェラーリ」の香水を購入しました!

他にもアクセサリーなども売っていて、クルーズ内でアウトレットショッピングができる感じです。

更にクルーさんからバラの花をいただきました!可愛い!

【5日目】高層階ビュッフェで朝食とイタリアグルメ

この日は15階の『ソラリウムビストロ』で朝食ビュッフェ!

毎日「今日は軽めに食べよう・・・」なんて思いながら、お腹いっぱいにしてしまいます。

本日の寄港地はイタリアのチビタベッキア。

港内は無料のシャトルバスで移動できますが、港入り口から駅まではバスで2ユーロ。

チビタベッキアと聞いてもピンと来ないかもしれませんが、電車に乗ってローマに行けるエリアです。

イタリアの電車は頻繁に遅れる上にストライキなどもあるので気をつけましょう!

クルーズの最終乗船時間に注意。

あとスリもめちゃくちゃ多いです。

ひな

この時は何も被害は無かったのですが、私はリュックのチャックを開けられていました・・・。

無料のディナーも寄港地に合わせたメニュー

寄港地がイタリアなので、メインダイニングのメニューもイタリアンが豊富

ランチにイタリアでカルボナーラを食べましたが、ディナーでもカルボナーラを食べちゃいました。

本当に食事が美味しくて、メインメニューが1品で終わることがないんですよね。

【6日目】無料のジムと最後のショー

寄港地はイタリアのナポリです。青の洞窟に行きました!

オアシスオブザシーズには超巨大なジムがあって、ゴールドジム顔負けのトレーニング器具の充実度。

だいふく

クルーズは毎日食べ放題なので、ジムでトレーニングして消費しましょう!

船の周りもトラックになっているので、海を見ながらランニングすることもできます。

ちょっとした小ネタがあって、「ここまで走ると今日のデザートはチャラだ!」みたいな事が書いてあってクスッとなります。

無料のプロダクションショー『カムフライウィズミー』

この日はクルーズ乗船中最後のショー!

『カムフライウィズミー』というセッティングがとっても迫力ある、歌とダンスのショータイムです。

ひな

最後のショーをこれにして良かった!感動した…!

シルクドソレイユのパフォーマンスやアクロバティックなダンスもあり、めちゃくちゃ面白かったのでオアシスオブザシーズに乗るならぜひ観てほしいです!

ノリノリのスタッフ紹介もあるメインダイニングのディナー

クルーズのディナーも残すところあと2回。

この日はメインダイニングで料理長から他のスタッフさんの紹介がありました。

それがもうノリノリで、クルーの皆さんが踊り出してアメリカらしさを感じる素敵な時間!

この日もフォーマルナイトだったので、タキシード&ドレスでのディナーとなりました。

【7日目】終日航海日!クルーズを楽しみつくぞ〜!

この日は終日航海日!その名の通り、寄港地がなくて1日中船の上で過ごします。

朝食は『メインダイニング』!

実はメインダイニングは3ヶ所あって、普段ディナーで使っている場所とは違う所のメインダイニングに行きました。

メインメニュー&ビュッフェなので、メインはフレンチトーストとエッグベネディクトを注文。

オアシスオブザシーズは全体的にレストランのクオリティが高く、どこで食べても満足度が高い!

オアシスオブザシーズ船内のアクティビティ

オアシスオブザシーズの中には、めちゃくちゃたくさんのアクティビティがあります!

  • ジップライン
  • アイススケート
  • フローライダー(サーフィン)
  • プール
  • 展望ジャグジー
  • フィットネスセンター
  • ジョギングトラック
  • パターゴルフ
  • ロッククライミング
  • スポーツコート
  • 卓球台
  • メリーゴーランド
だいふく

この遊びが全部無料なのすごすぎ!!

1日船にいるだけじゃ全部遊びきれませんでした。

寄港地観光には行かない、という人も船の中でいーっぱい遊べます!

この日は気温が15度だったので、プールに入ると結構寒い!そんな時はジャグジーであったまる…なんて過ごし方もできます。

特におすすめはフローライダーとジップライン!

フローライダーはサーフィンの疑似体験ができるのですが、なかなか上手に波に乗れなくて何回も転がりました…(笑)

いつか立ち上がって乗れるようになりたいです。

ジップラインは地上から9デッキ上を斜めに横切るので、下が見えて結構スリルあります!

天候が悪い日には開催できないので注意。

途中お腹が空いたので、無料でハンバーガーを食べました。最初から最後まで食事の値段を気にしなくていいのは本当に快適!

アイススケートショーを見た場所でアイススケート体験もできます。

ひな

久しぶりのアイススケート難しかった〜!

ポーカートーナメント

ポーカートーナメントがあったので夫婦2人で参加してきました。

優勝者には確かクルーズ無料券だったはず!残念ながら惜しくも2位で終了しました。

カジノの黒服さんとも仲良くなって楽しかったです。

ひなだいふく

いつかクルーズのカジノでディーラーしたい!

最後のメインダイニングディナーで感動

ついに最後のメインダイニングでのディナーです。

最後なのでいつもより多めに注文して食べていると…昨日と同じようにクルーの皆さんがダンス!

それに合わせてお客さんたちもみんな踊り出してパーティー会場みたいに大盛り上がり

クルーズって老若男女が乗っていて、ご高齢の方も全員踊っているんですよね。これぞアメリカ!

誰もが年齢関係なく全力で船旅を楽しんでいて、クルーズって本当に素敵です。

初めて、“旅行が終わってしまう事が楽しすぎて寂しい”なんて思いました。

ひな

それくらいクルーズは楽しくておすすめです!

前日に荷物はパッキング

クルーズ楽しかったなぁ…なんて余韻を残しつつ、最後にやらなきゃいけないのはパッキング。

前日のうちにパッキングしてスーツケースを廊下に出しておきます。

そうするとクルーさんが下船の港に運んでおいてくれるので、これは必ず活用しましょう!

重いスーツケースを自分で運ぶのはとっても大変です。運んでくださるクルーさんありがとう…!

【8日目】オアシスオブザシーズ下船日

いよいよクルーズ下船日となりました。

パッキングは終わっているので、最後の朝食を食べに行きます!

下船の順番を待って、港に準備されたスーツケースを引き取りました。

港からはタクシーを呼んでバルセロナ市内に向かいます。

ひなだいふく

あっという間の1週間でした!クルーズ楽しかった〜!

クルーズのQ&A

最後にクルーズ旅行について、疑問に思いそうなことをいくつか紹介します。

クルーズは揺れない?

クルーズには揺れを抑える「フィン・スタビライザー」という装置が付いており、コンピューター制御によってかなり揺れを防いでくれます

なので基本的には船酔いの心配は無し!

ただ、波が荒い時は眩暈のようなふわ〜とした感覚があり、これが人によっては酔ってしまうかも。

念の為酔い止めは常備しておいた方が良いです。

チップは?

チップは事前にまとめて支払い済みなので、毎回クルーさんに渡す必要はありません。

ただ、下船の際に個別にチップを渡したい人に渡す用の封筒が部屋に置いてあり、名前を書いてチップを入れておくという事ができます。

日本人の感覚だとなかなかチップを渡すことって無いですが、クルーズで特にお世話になった人や仲良くなった人にはチップを渡したいですね。(支払い済みなので強制ではありません)

我が家はメインダイニングでテーブルを担当してくれた2人のウェイターさんに個別のチップを渡しました!

クルーズの寄港地観光ツアーは利用した方が良い?

クルーズではさまざまなエリアに寄港するので、観光は個人で勝手に行くかクルーズの寄港地観光ツアーに参加するかどちらかになります。

寄港地観光する選択肢

個人で観光
メリット:好きなタイミングで船の乗り降りができる・好きな場所に観光できる
デメリット:最終乗船時間に遅れるとクルーズは待ってくれない

ツアーを利用
メリット:最終乗船時間に遅れてもクルーズは待ってくれる・勝手に連れて行ってくれる
デメリット:料金が高め・常に団体行動・好きなレストランは選べない(あまり美味しく無い…)

海外クルーズの場合、ある程度英語が話せて移動手段の確保に不安が無いのなら個人で観光する方がオススメ!

好きなタイミングで下船して、好きな場所を観光して好きなレストランに入って、好きなタイミングで戻ってこれます。

だいふく

我が家は団体行動が苦手なので個人で観光しています!

注意点としては、渋滞やストライキなどでクルーズの最終乗船時に間に合わなかったら…クルーズは出発を待ってくれません。

逆にクルーズの寄港地観光ツアーに参加していた場合、どれだけ最終乗船時間に遅れてもクルーズは待ってくれます(ツアーの1番のメリット)。

ただしクルーズのツアーは料金が高めなのと、ツアーで寄るレストランはあまり美味しくない所が多く、集団行動が原則なので疲れてしまうかも。

個人で観光するなら、最終乗船時間の1時間前には余裕を持って戻ってこれるスケジュールで行動する方がいいですね!

クルーズに乗れなくなるリスクを取りたくない・自分で移動手段を調べるのは不安という方はツアーを利用してみるのもアリだと思います。

クルーズは船の中で楽しむのも良いですし、気軽に色んな場所へ観光に行けるという楽しみ方もできます。

クルーズの楽しさをぜひ色んな人に知って欲しいです!

この記事を書いた人

ひなだいふく

夫婦でお得旅の情報を発信中!ひなだいふくです🍡

マイルやクーポン・お得情報などを駆使して『お得に豪華な旅行プラン』を作るのが得意!

クルーズ・海外旅行が好き♡

BSテレビ東京「マネーのまなび」にて、“お得な旅の達人”としてテレビ出演

DVDとパンフレットを見て無料で世界一周気分を味わってみませんか?
  • 豪華な船内で過ごす優雅なひととき💎
  • 海外文化との触れ合い🎀
  • 目を見張るほどの美しい景色✨

などなど、クルーズ旅行には魅力がイッパイ!

そんな一生忘れられないクルーズライフを、あなたも満喫してみませんか?

すぐに行く予定は無くても、資料を眺めるだけで何だかワクワクしてきます

 

無料の資料請求で、非日常気分を味わってみましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。